ようこそ ゲスト 様

仲介手数料って何ですか?

仲介手数料とは、不動産を買ったり借りたりする時に、契約時や決済時に物件を紹介してもらった不動産業者に支払うお金のことです。

売買仲介の法定限度額

不動産業者が買主様・売主様から受け取ることのできる報酬額の限度額が法律で右図のように決まっています。法定限度額はあくまでも限度額であって安くすることは問題ありません。 仲介手数料 売買の場合

 

賃貸仲介の法定限度額

居住用賃貸物件の仲介手数料は、貸主様と借主様の双方から受けとることの出来る合計の金額が家賃の1カ月以内の額が上限と定められています。(※消費税別途)
そして、貸主様・借主様どちらかの承諾がある場合のみ、どちらか一方から全額を受領することが出来ます。 一般的には借主様が1カ月全額を負担されているケースがほとんどですが、当社では、基本的に貸主様から半額、借主様から半額の手数料をいただいております。

 

どうして無料・半額に出来るのか?

Case1売買仲介手数料無料のケース

※1,000万円以上の物件に限ります

4,000万円の新築戸建を購入したとき

仲介業者が1社の場合、買主様・売主様の両方から手数料を頂くことが出来ます。新築戸建物件に多いパターンです。 買主様がオレンジハウスへ依頼していただいた場合は、仲介手数料は無料です。

仲介業者が1社の場合 オレンジハウスの場合

 

Case2売買仲介手数料半額のケース

※1,000万円以上の物件に限ります

3,000万円の中古マンションを購入したとき

仲介業者が2社の場合、買主様は買主様が依頼された不動産会社に、売主様は売主様が依頼された不動産会社に、それぞれ仲介手数料を支払います。買主様がオレンジハウスへ依頼していただいた場合は、半額とさせていただきます。

仲介業者が2社の場合 オレンジハウスの場合

 

Case3賃貸仲介手数料半額のケース

※半額にならない場合もございます

仲介手数料1カ月の不動産業者で、家賃12万円のマンションを賃貸契約すると

賃貸物件は、双方から受けとることの出来る仲介手数料の上限が、家賃の1カ月以内の額(※消費税別途)と決まっています。借主様がオレンジハウスへ依頼していただいた場合は、半額とさせていただきます。

通常のお取引の場合 オレンジハウスの場合

 

騙されるんじゃないのか?

そう思われるのも無理はありません。しかし、仲介手数料無料or半額サービスは、すでに全国で普及しています。仲介手数料無料とキーワードを入れてインターネットで検索すれば、たくさんの業者がこのサービスを行っていることをご理解いただけると思います。

 

オレンジハウス門真店では、仲介手数料が無料でも半額でも責任のある仕事をさせていただきます。
同業他社と同等なのはもちろん、それ以上のサービスを心掛けています。
価格交渉についても、もちろん常識的な範囲で買主様にかわって行います。
買主様が満足いただけるように、出来る限りの努力をさせていただきます。

 

安心・安全・確実な不動産取引をモットーに、日々精進を重ねていきたいと考えています。